大阪府守口市の格安オンデマンド高速プリントサービス。少部数、急ぎの印刷にご利用下さい。

断裁仕上げ

トップページ > 断裁仕上げとは

断裁仕上げ

断裁とは

印刷・製本の加工工程の一つで、印刷された紙や白紙を断裁機で切る作業のことです。

A4版サイズの用紙2枚分をA3版に貼り付け印刷後、断裁機で切る作業のことです。

画像の説明

白フチをなくしたい場合。

一面に色をつけていても、印刷すると、周りに白い枠が出来ます。これはプリンタの仕様によるものです。プリンタには印刷可能領域があって、用紙サイズいっぱいにはプリントできずに周囲に2~3ミリの白がでるのが普通なのです。これが白フチと言われるものです。
断裁仕上げとは一面に色をつけたい物がA4版であればB4版以上で印刷し、周りの白紙を断裁で切り仕上げる手法です。
A4版2枚を印刷する場合はA3版よりも大きい紙にA4版2枚を貼り付けて印刷するので白フチは出来ず、周りの白紙を断裁することにより一面に色が付いたA4版が出来ることになります。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional